Rally Driver Takero Oda 織田岳郎

TOP
自己紹介
全日本ラリー
車両
リンク


2009/03/13 サーキットで景気対策を

 あんまり景気悪い話が多いので、ちょっとスケールの大きな話で笑ってください。

 各都道府県の飛行場の横に公営のサーキットを建設します。なぜ飛行場の横かというと騒音対策しなくてよいから(笑)。飛行場って結構広いので(予備の敷地も沢山あったりする)サーキット建設も設備的にやりやすいかと。

 なぜ公営かというと、レースでギャンブルもできるようにするためです。レースって辞書で調べると元々発祥はイギリスで、「馬で着順を競うもの」なんだそうです。そう、競馬です。競馬がいいなら自動車で競ったっていいじゃないですか。公営カジノと併設できれば、昼も夜も施設が活用できて一石二鳥ですね。

 さて、サーキットが各地に出来てレースで一攫千金も夢見ることができるようになると、世の中はどうなるでしょう。まず、サーキット建設で地元の建設業の方が潤いますね。当然、そこで働く人が結構沢山必要です。雇用対策になりますね。

 そして車が売れるようになります。だってレース用の車が必要ですもん。改造するためのカーショップは仕事が増えすぎて大変かもしれません。うれしい悲鳴ってやつですね。最近とんと聞かなくなりました。

 当然、レースのカテゴリには競馬に見習って新馬戦とか未勝利戦から勝ち上がっていく仕組みが必要です。これなら初心者でも勝てる見込みがありますからやる気も出るでしょう。当然、親戚や兄弟、友人に自分の投票券を沢山買ってもらって、勝てばドリーム!って気合も入ることになります。

 昔からレーサーは人気あります。女の子だってD1でバリバリにドリフト決めてるとカッコいいですね。モテモテになるかもしれません。年齢別選手権とか、重量ハンディで色々なレースが開催されれば、誰でもレーサーです。スポンサーとかときちんとお付き合いできるレーサーは100%全員礼儀正しいです。当たり前の社会人でないとレースはできないのです。

 暴走行為を許すな!って話に当然なりますから、安全運転講習なんかは徹底します。濡れた路面でのブレーキ操作やハンドル操作の体験をしていくことで、日々の運転技術は向上していくでしょう。「市街地が一番怖い」とモータスポーツ経験者なら誰でも知っています。大切なレーシングマシン、日々の運転ではクラッチやブレーキに優しい運転をするようになります。安全にも、環境にも配慮できる人間になれることでしょう。

 ・・・とまあ、書いてみてビックリするくらいすばらしいプランになってしまいました。知事に直訴すれば検討してくれるのでしょうか。


TOP
自己紹介
全日本ラリー
車両
リンク



Car-Trade Japan

Rally Driver Takero Oda 織田岳郎