Rally Driver Takero Oda 織田岳郎

TOP
自己紹介
全日本ラリー
車両
リンク


2004/09/10 RallyJapan日記 9月3日

なんと朝4時15分にコテージを出発です。朝一番に簡単なサービスがあるのです。通常はタイヤのチェック程度。天候が変わった場合なんかはいきなりタイヤ交換もしますが、今回は本当にチェックだけ。サービスは今回朝−昼−夕方(夜)の3回。朝は10分、昼は20分、夜は45分です。時間延長も認められていて10分オーバーまでは失格になりません(ペナルティはありますが)。ワークスのサービスだとこの45分でターボの交換とかしちゃいます。すごいですね。

待ち時間が結構あるので、サービスパーク内を結構うろうろしました。出店なんかもすごく沢山出ていて、ほんとにサーカスみたい。2輪のGPがコンチネンタルサーカス、F1もF1サーカスと言われている理由がなんとなくわかります。

で、ゼッケン51番福永選手は実際よく仕事を作ってくれました。いきなりフロントバンパー交換とか。札内のスーパーSS(2台同時にスタートする大変エキサイティングなSS)向けにランプポッドを届けに行ってたのですが、観客を輸送するバスが物凄い数で(後で聞いたら北海道中のバスが集められたらしい)、観客数も6万とか。普通なら交通渋滞になるはずですが、織田はサービスパス持っているのでほとんどどこでもフリーパス。いやー、これは気持ちよかった。

タイヤも3日間で30本と制限があります。物凄く不安でしたが、高速コースのためか案外減り方がきれいで、それでも1日10本しか使えないのでサービス隊長の小西さんは結構悩んでいました(おまけにホイールは24本しかないし)。ハード・ソフトとかを両方用意しようと思ったら、スペアも入れて一回に6本は用意する必要があります。空気圧もきっちり合わせる必要があるし。

それにしてもWRCに参加する人たちは本当にタフです。結構空き時間がある我々もすごく疲れているのに、宿に戻って明日のコースの下見してましたから。ともかく初日をなんとか完走して心からほっとした、そんな長いようで短い一日でした。

写真はサービスパークの風景。サーカスみたいでしょ。


TOP
自己紹介
全日本ラリー
車両
リンク



Car-Trade Japan

Rally Driver Takero Oda 織田岳郎